春の全国火災予防運動 平成29年3月1日から3月7日

空気が乾燥し、火災が起こりやすい季節です。火の取り扱いには充分注意しましょう。

平成29年春季火災予防運動が次のとおり実施されます。

・実施期間 平成29年3月1日(水)~3月7日(火) 

・全国統一防火標語

   『消しましょう その火その時 その場所で』

 

・重点目標

 1.住宅防火対策の推進

 2.乾燥時及び強風時の火災発生防止対策の推進

 3.放火火災防止対策の推進

 4.特定防火対象物等における防火安全対策の徹底

 5.製品火災の発生防止に向けた取り組みの推奨

 6.林野火災予防対策の推進

 7.車両火災予防運動の推進

《住宅防火対策について》

住宅用火災警報器点検していますか?

平成23年6月1日から全ての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。

 

住宅用火災警報器とは?

住宅用火災警報器は、火災により発生する煙や熱を感知し、警報音や音声などで火災を知らせる装置です。

火災を早期に発見することで、初期消火や通報等の行動が早まり、近隣への延焼被害も軽減します。

ホームセンターや電気店、消防防災設備取扱店などで購入できます。

 

維持管理が大切

定期に点検し、警報音を聞いてみましょう。

設置から10年以上経過している場合は、本体の交換をお勧めします。

@copy 2016 板野西部消防組合