春季全国火災予防運動について

令和2年春季火災予防運動が次のとおり実施されす。

 空気が乾燥し火災が起こりやすい季節です。

 火の取り扱いに充分注意しましょう。

 

実施期間

 令和2年3月1日(日)~3月7日(土)までの7日間

 

2019年度全国統一防火標語

ひとつずつ いいね! で確認 用心

 


重点目標

 1.住宅防火対策の推進

 2.乾燥時及び強風時の火災発生防止対策の推進

 3.放火火災防止対策の推進

 4.特定防火対象物等における防火安全対策の徹底

 5.製品火災の発生防止に向けた取り組みの推進

 6.多数の者が集合する催しに対する火災予防指導等の徹底

 

住宅防火 いのちを守る 7つのポイント

 -3つの習慣・4つの対策-

3つの習慣

1.寝たばこは、絶対やめる。

2.ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。

3.ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策

    1.逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。

    2.寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。

 3.火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。

 4.お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

 

《住宅防火いのちを守る7つのポイントの意義》

 

●火災を発生させない、燃え広がらせない

(習慣1~3、対策2)

 

    

 

●早く知る・気づく(対策1)

 

        

 ↓

 

 ●火災の初期の段階で消火する(対策3)

・一般的に人の背の高さより小さい火炎に対する消火

 

          

 ↓

 

 ●危ないと判断したら、すばやく避難する

   ・火炎が天井に達した、煙が充満、初期消火に失敗した等 

   ・ 隣近所の協力による対応(対策4)

 

※日頃から火災時の避難の方法・経路等について検討しておくことが重要です

 

 

 

 

 

 

@copy 2016 板野西部消防組合